なぜ?薄毛になるメカニズム!

ヘアサイクルの乱れが起きている

薄毛になってしまう原因のひとつが、ヘアサイクルの乱れです。人の髪の毛というのは、成長段階が終わると自然に抜け落ち、休止期の段階を経て毛が生えてくるという状態を繰り返しています。髪の毛がしっかりと育っている状態であれば、抜け毛があっても問題はありません。しかし、成長途中の毛が多く抜けるようになるとヘアサイクルの乱れが生まれます。通常よりも早く成長期が終わると、次に毛が生えてくるための準備をしっかりと行うことができないまま毛が生えてくることになります。準備不足で生えてきた毛は細く弱いだけでなく、上手く育つことができません。ヘアサイクルが乱れた状態が続くと、良い髪の毛が減り徐々に薄毛へと変わっていきます。

ヘアサイクルを乱れさせる原因は

ヘアサイクルの乱れを生み出す原因のひとつが、男性ホルモンの影響です。男性ホルモンの一種が血液中の酵素と結びつくと、髪の毛の成長を阻害するホルモンが生み出されます。このホルモンが増えると、成長途中の髪の毛が抜けやすい状態となってしまいます。そのため、ヘアサイクルを正常に保ち良い髪の毛を育てたいのであれば、男性ホルモンの分泌を抑制することが有効です。そんな男性ホルモンの分泌量を増やす原因のひとつが、日々のストレスです。仕事や日常生活でストレスが溜まっている自覚がある場合は、まずは最適なストレス解消法を見つけるところから始めることがおすすめです。こうした簡単なことでも、薄毛の進行を抑制することに繋がります。